観光その10 香港・マカオ旅行日記③(香港観光2日目)

さて前回は旅行1日目について書きました。
今回は旅行2日目について振り返ってみたいと思います。
2日目も香港を楽しみました。
この日はヴィクトリアピーク、男人街など有名な観光スポットが登場します。


2日目
この日の朝はホテルのバイキングで食べることに。
海外旅行まで行って、なんでホテルで食べるんだ!
と言われそうですが、特に朝は決めてなかったので。
ちなみに今更ですが、コムが宿泊したホテルは「L'Hotel Nina et Convention Centre」というホテルで香港の中では中々のホテル、らしい。
綺麗だし、接客は丁寧だし、夜景も素晴らしいし、交通の便もいいし、確かにいいホテルだと思います。
オススメです!
ホテルのバイキングは特に変わった料理はなく、ご飯やパン、ウィンナー、スクランブルエッグなど日本と同じようなメニューでした。
味は美味しいんだけど、海外旅行でわざわざ食べるような料理ではないですね。笑
それに若干高いのでオススメはしません。
朝食を食べいざ出発。
この日は午前中ツアーで色々回り、午後は自由にプラプラする予定です。
ツアーは宿泊しているホテルではなく、カオルーンホテルという別のホテルで待ち合わせです。
電車で移動しカオルーンホテルに到着!
案内人はチェンさん。
今回もコム一家しかおらず連日のツアー貸切状態です。笑
昨日からお馴染みのパンダバスに乗ってGO!
まずは文武廟という寺に行って観光です。
IMG_1614_convert_20170621220533.jpg
IMG_1610_convert_20170621220121.jpg
IMG_1617_convert_20170621220139.jpg
ここは香港では最古のお寺らしい。
有名な観光地みたいですが、なんか胡散臭い。。。
だって賽銭箱?みたいなお金を入れる箱があるのですが、数が多すぎる!
10歩程度歩いたら次の賽銭箱があるんだもの。笑
そんな賽銭箱が5箇所程度設置されています。
しかもこの建物結構狭いからね!
そんな狭い空間に賽銭箱がたくさん置いてあったら胡散臭く見えるのは当たり前でしょう!笑
神様に信仰する場所のようですが、真面目に拝む気になんないなぁ。。。

そこを15分程度観光し、次はメインであるヴィクトリアピークからの100万ドルの夜景、ならぬ昼景です。
地上からピークトラムという列車(ケーブルカー)に乗り、山頂を目指します!
ピークトラムは香港で最初の公共交通機関で1888年から稼働しているのだとか。
駅に到着!
IMG_1567_convert_20170621220507.jpg
ピークトラムは15〜20分に1本の間隔で運行しています。
IMG_1615_convert_20170621220544.jpg
山頂までは約10分程度です。
ゆっくり頂上を目指すのですが、登り角度が半端ない!
最大23度の傾斜らしですが、手すりなしで立っていることは無理だと思います。
座っていても重力で背中が背もたれにめり込むんじゃないかと。笑
写真でもその角度がキツイことがある程度わかると思います。
IMG_1608_convert_20170621220520.jpg
Gが凄い!笑
山頂に到着すると、ちょっとガスってるけど確かに眺めはいい。
IMG_1633_convert_20170621221806.jpg
しかーし、それだけに夜に来たかったぜ!笑
1日目のシンフォニーオブライツを今眺めている海から眺めていたわけですね。
ズバリ!
100万ドルの夜景は夜に楽しんだ方がより楽しめるということが改めてわかりました!←当たり前

次に向かったのはアバディーン地区。
こちらで船に乗って河をぐるっと一周して楽しみます。
海上レストランなんかもありますね!
IMG_1619_convert_20170621221730.jpg
バラティエを思い出しますな←ワンピースネタ
船に乗って河を眺めていると、河の色が明らかに日本とは違います。
やけに緑っぽいというか、絶対に綺麗な色ではないと思う。笑
というかゴミも浮いていますしね。
それにしても高級クルーザーがたくさん並んでいます。
IMG_1620_convert_20170621221742.jpg
すごいけど、この河の色ではなあ・・・
また河の上に家を建てて生活している人がチラホラと見受けられます。
大雨降ったら大丈夫なのかしら?
船でぐるっと一周したらバスで再びカオルーンホテルに戻ってツアーは終了です。
このツアーはコム一家の貸切だったのでガイドさんも丁寧に説明してくれたし、ある程度時間の融通も効いたのでよかったです。
でもヴィクトリアピークは夜に行きたかった。
100万ドルの夜景はやっぱり夜に楽しまないとね。笑

ここで昼食をとることに。
兄があらかじめ調べていた、麺が有名なお店に行くことに。
そのお店は男人街から近い「麥文記麵家」というお店です。
IMG_1622_convert_20170621222536.jpg
読み方は・・・わかりません!笑
このお店、人気店らしくコム一家が訪れた時も前に10人程度並んでおりましたが、回転が早いので10分程度で入店することができました!
そして人気の麺料理がこちら。
IMG_1626_convert_20170621222547.jpg
料理の名前は忘れました!笑
食感はラーメンというよりビーフンという感じでしょうか。
スープはあっさりしており美味しく幅広い年齢層で楽しめる味だと思います。
でも若い人にはちょっとパンチが足りないかもしれませんね。
写真にちょろっと写っているワンタンはエビが入っており、これも美味しい!
小さめのお椀に盛られているので量が少なめかと思いきや、そこにたくさん詰め込んでいるので意外と量もあります。
コスパも悪くないのでどこで食べるか決めていない方はここで食べてみるのもいいかと思います。

この後はちょろっと昼間の男人街へ。
IMG_1616_convert_20170621222518.jpg
まだそこまで賑わっていません。
楽しんでいる人もいるみたいですけどね!
にしてもアメ横丁って。笑
男人街はまた夜に訪れるとして、再び電車に乗って向かった先は黄大仙祠というお寺です。
IMG_1609_convert_20170621223411.jpg
IMG_1618_convert_20170621223520.jpg
IMG_1634_convert_20170621225141.jpg
どうやらお祈りすると病気が治るとかで有名らしい。
なのでお祈りしている人はたくさんいました。
でも日本のように手を合わせてお上品にお祈りするという感じではなく、本当に本気のお祈りです。
実際に祈っている人を見ればコムのいう本気というのがわかるでしょう。笑
しかーし、コムは今朝の賽銭箱の一件で香港のお寺には胡散臭さしか感じません。笑
なので不信感Maxな気持ちで観光する罰当たりなコム。
十二支の銅像なんかもありましたよ。
一通り見学が終わったら一度ホテルに戻って少し休憩することに。
朝から歩きっぱなしでしたからね。
コムは別にいいのですが、母親が少し休みたいということだったので。
この旅行を通じて昔と比べて親が明らかに老化していることがわかり複雑な気持ちになりましたね。
散々迷惑をかけてきたから、まだ元気なうちにたくさん親孝行しないとな。。。

そしてホテルで2時間程度休憩した後再び男人街へ!
やはり昼間とは違い盛り上がっています。
IMG_1621_convert_20170621223535.jpg
ここで夜ご飯を食べることに。
ホテルに戻っている間、夜ご飯をどこで食べるか決めていました。
それが「興記菜館」です。
IMG_1635_convert_20170621225129.jpg
コム的には今回の香港、マカオ旅行で一番のおススメ飯はここです!
安くて美味しくて量が多い、店構えも庶民的で入りやすく、ローカル臭がプンプン漂うそんなお店。
そして日本語表記があるのも嬉しいポイント!
ここは土鍋が売りのようです。
そんなお店でまずはカールスバーグで乾杯!
IMG_1627_convert_20170621223601.jpg
悪魔的にうめぇー!←カイジ風
そして色々料理を頼んでいきます。
牡蠣の玉子フライ大と空芯菜炒め。
家族4人でも多いくらいです。
IMG_1612_convert_20170621223445.jpg
牛ミンチの釜飯と鴨肉?の釜飯(名前忘れました)
IMG_1624_convert_20170621223549.jpg
家族4人で訪問し、あとスープを一品だけ追加しましたがこれらだけでお腹いっぱいになりました!
全て美味しくボリューム満点、そして安い!
最高です!
皿などは若干汚れていますが、そういうのも醍醐味ですね!
とても満足でした!

そして本日の最後は男人街と女人街へ!
男人街、女人街とはなんぞやというのを簡単に説明すると、ナイトマーケットです←簡単すぎ
上野のアメ横の雰囲気に似ています!
・・・
さっきのアメ横はそういうことなのか!←多分違う
IMG_1611_convert_20170621223424.jpg
こんな感じでお店が並んでおりそこから好きな商品を選んで購入していく。
そして購入するときは値引き交渉をするのが一般的なようです。
値札は付いているのですが、自分の希望額を伝えてそこからはお店との交渉。
その交渉を楽しみながら買い物をするのがここでの楽しみ方みたいですね。
コムもやってみましたが、値札の4割引程度にはなりましたよ!
なので必ず値引き交渉はした方がいいかと思います。
本当にアメ横みたいです。
アメ横と違うのは店員のやる気のなさ。笑
アメ横では店員もテンション高く楽しいのですが、こちらは言葉が通じないというのもありますが、電卓のみでのやり取りです。
こちらが電卓で希望の金額を伝えて、今度は店側の希望額が電卓に打たれて帰ってくる。
これの繰り返しです。
店にもよるかと思いますが、コムが購入した店では店員はニコリともせず、だるそうに電卓を打つだけでした。
日本ならこの態度はクビだろうな。。。
とまあ、そんな感じで男人街、女人街を楽しんだのでした。
ちなみに置いてある商品についてはどちらも同じようなラインナップでしたので、両方とも観光する時間がないという人は片方だけ行けば十分だと思います!
でも今回コムは行っていませんが、男人街のディープな通りにはムフフなアイテムがあるとか。
興味があるというコムと同じ変態な人は行ってみてください。笑

こんな感じで2日目は終了です。
なかなか楽しめた1日でありました!
3日目はまた次の日記で書きたいと思います!
ではでは!
楽しめた方、参考になった方はポチッとしてもらえると嬉しいです!


関連記事

カテゴリ:観光  コメント:0

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

コムダイシ

Author:コムダイシ
詳しいプロフィール
The普通の人の普通の日記です。読んでいってやってくださいまし。

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
訪問者様数

ページの先頭へ