1/7 ドラゴンボール超(宇宙サバイバル編その45)

前回までに第7宇宙と第11宇宙以外は消滅してしまいましたね!
今年最初のドラゴンボール超はいきなり第11宇宙とのバトルというクライマックスから始まります。
最高の盛り上がりを見せてくれることでしょう!
今回は
「己の誇りをかけて!ベジータ最強への挑戦!!」
です。

残りの戦士は第7宇宙が、悟空、ベジータ、悟飯、フリーザ、17号の5人。
第11宇宙が、ジレン、トッポ、ディスポの3人。
数の上では第7宇宙が有利ですが、正直ジレンには誰も勝てる気がしないので圧倒的に悟空たちが不利であります。

対峙する悟空とジレン。
DSC_0020_convert_20180107180742.jpg
バトルが始まりますが、悟空もジレンのスピードに慣れてきたのか、会話する余裕が生まれます。

ジレン「孫悟空。己の強さを追い求めるのはなぜだ?」
悟空「わかんねえんな。強くなりてえんだ。とにかくよ!おめえも強くなりてえんだろ!?」
ジレン「強さの先にあるものを求めている」
悟空「同じだな。オラもだ!もっともっと強くなりてえんだ!」

二人が求めている強さの先にあるものというのが一体なんなのかはわかりませんが、究極に強くなったらその先はもうただの全王様でしょう。
ファーストコンタクトは互角な二人、そこへベジータが割って入ってきます。
当然王子としては最強の男と戦いたいはずですからね!
そして割って入ったはいいがあっさりとやられてしまうベジータ。
DSC_0023_convert_20180107180801.jpg
ベジータの特徴がしっかりと出ています!笑
すかさず悟空が参戦。
この時ベジータはしっかりとジレンが悟空に放った攻撃(連続パンチ)を見ていました。
悟空がやられ、再びジレンへと向かっていくベジータ。
ジレンが悟空に放った連続パンチをベジータにも放ちますが、な、なんとベジータがその攻撃を全て躱し、ついにジレンに一撃を浴びせます!
DSC_0026_convert_20180107180811.jpg
その後もジレンに引けを取らない戦いをするベジータ。
一体どうしてしまったのでしょうか!?笑

ベジータ「カカロットとやりあった時はもっと速く強かった筈だ!」

この一言でジレンが本気になったのか、フルボッコにされるベジータ。
やっぱりジレンには勝てないよね。笑
それに呼応するように第11宇宙の猛攻が第7宇宙を襲います。

フリーザはディスポに、悟飯と17号はトッポに押されています。
DSC_0027_convert_20180107180824.jpg
みんな大丈夫でしょうか!?
そんな中フラフラながらも立ち上がるベジータ。

ジレン「お前はどうやっても俺には勝てない。お前の拳は傲慢だ。その独りよがりの戦い方からは純粋さを微塵も感じない」

DSC_0029_convert_20180107180834.jpg
ベジータ「言いたいことはそれだけか?確かに俺は傲慢だ。だがそれは俺にとってのサイヤ人としての誇りそのものなんだ!勝てないだと!?笑わせるなよ!?身勝手の極意はカカロットがやればいい!俺は俺のやり方でジレン!貴様に勝つ!ファイナルフラーッシュ!!」

ベジータ、渾身のファイナルフラッシュが炸裂!
もの凄いファイナルフラッシュなのは確かだけど、この期待感の無さはなんでしょうか。
煙が晴れると・・・当然ながら無傷のジレン。
そして
DSC_0030_convert_20180107180843.jpg
やられるベジータ。
ここで今回は終了です!

今回ベジータはかなり頑張りましたが結局こうなるのね。。。
でも今回のベジータは久しぶりに輝いていました!(物理的にもだけど)
かっこいい時はかっこいいんだよなぁ。
本当ジレンはどうやったら倒せるのでしょうか?
ベジータも身勝手の極意を会得し、フュージョンでもするしかないような気がするけど。
残り時間あと8分なので3月までには決着が着くでしょうからその時を待つしかないですね!
時間切れで残っているのが多い第7宇宙の勝利とかそういうオチだけはやめて欲しいところ!

次回も楽しみしていましょう!
ではでは!
楽しめた方、参考になった方はポチッとしてもらえると嬉しいです!


関連記事

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

コムダイシ

Author:コムダイシ
詳しいプロフィール
The普通の人の普通の日記です。読んでいってやってくださいまし。

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
訪問者様数

ページの先頭へ