3/4 ドラゴンボール超(宇宙サバイバル編その52)

DSC_0159_convert_20180304154614.jpg
前回はベジータ脱落し、ついに悟空とジレンの一騎打ちとなりました。
そして今大会3度目となる身勝手の極意発動!
"ヤツ"の存在がどうなっているのか気になるところですが、いよいよ力の大会はクライマックス!
悟空はジレンに勝つ事ができるのでしょうか!?
今回は
「限界超絶突破!身勝手の極意極まる!!」
です。

悟空とジレンの超絶バトルが始まります。
速すぎてテレビの画面上では二人がほとんど動いていません。笑
衝撃波だけが飛び交っている状態です。
そして悟空は1・2回目の身勝手の極意同様、決め手に欠けている状況。

ウィス「攻撃の際、悟空さんの中に考えが生じてしまっているのです。攻めようとする瞬間、頭を駆け巡る様々な思考、そして判断。身勝手の極意においてそれらは技を鈍らせ本来あるべき威力の発揮を妨げる枷となる」

という事ですね。
そこで悟空はケフラの時と同様にかめはめ波でジレンを倒そうとするも、ケフラとの戦いを観察していたジレンには通用せず。
逆にカウンターで技を受けてしまいピンチに。

ベジータ「カカロット!俺は俺の誇りも約束も全て貴様に託したのだ!負けることなど絶対に許さん!神の領域など踏み越えろ!そしてジレンを倒せ!カカロットォォ!!」

ベジータの言葉に反応し、さらに力を振り絞る悟空。
何とか持ち堪えるも、これでは最初に戻っただけで決め手に欠ける状態。
このままでは・・・
と思っているところで悟空がふと目を閉じます。
目を瞑りながら戦っているのです。
DSC_0148_convert_20180304154530.jpg
ウィス「感じます。意識の乱れではなく、純粋な衝動で加速する気の高まり。悟空さんは今ただひたすらジレンを、いえ戦いそのものに全身全霊をぶつけ続け、己を熱く激しく、燃え上がらせているのです。宇宙の消滅、力の差、迷い、焦り、恐れもその炎の中で感じられるのは己と相手、そして戦い。やがてそんな認識すら霞んで消えゆくほどに熱く速く、本能よりも深い領域を突き進むその先にこそ・・・」

つまり今悟空に余計な考えなどなく、本能で動けているということでしょう。
ということは・・・
ジレンの猛攻が続きます。
しかしそんな中、その合間を潜ってついに
DSC_0156_convert_20180304154543.jpg
悟空の攻撃がジレンに届きます。
驚くジレン。
そしてジレンもさらに気を高めて悟空を倒そうと
DSC_0157_convert_20180304154551.jpg
ジレン「これで終わりだー!!」

とてつもない力を悟空に放ちますが・・・
DSC_0158_convert_20180304154604.jpg
さらにパワーアップをした悟空によって掻き消されてしまいます。

ビルス「ウィス。悟空はとうとうたどり着いたんだな。ふっ。全く本当になんてヤツだ。あの姿、あの輝き、あれが、あれこそが完全なる身勝手の極意・・・!」
DSC_0159_convert_20180304154614.jpg
今回はここで終了です。
ついに悟空が身勝手の極意を極めたようです。
極意を極めるというのもなんかおかしな話ですけど。
これでジレンと戦えるようになったのでしょうか!?
次回は
「空前絶後の超決戦!究極のサバイバルバトル!!」
です。
最近のタイトルは空前絶後とか超絶とかざっくりしたものが多いな。笑
ではでは!

関連記事

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

コムダイシ

Author:コムダイシ
詳しいプロフィール
The普通の人の普通の日記です。読んでいってやってくださいまし。

カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
訪問者様数

ページの先頭へ